黒い瞳のいない縄文O型の血液型の多い人種

アクセスカウンタ

zoom RSS アイヌ人の黒い瞳は江戸時代のアフリカ人奴隷の動かぬ証拠

<<   作成日時 : 2014/10/10 19:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本へサツマイモは、鎖国の弱かった地方へ、白人が、アイヌ民族の和人の開拓民と接触する以前のアイヌ人たちの主食のジャガイモ(南米から泳いで河を遡上したしてきた?) と同じで、「旧土人であるアイヌ人とジャガイモ」を、白人が運んできました。
 そういう、歴史なので赤軍系のアイヌ民族たちが宣伝する歴史と異なり、真実は残酷です。
 
 サツマイモやジャガイモは、極東ロシア(奴隷貿易時代の中世以後)や、朝鮮(英・ロシア)・ベトナム(フランス)・中国で、商品にならなかったアフリカ系奴隷を、アフリカへ返すと、白人が「人さらい」であることが、他の誘拐されていないアフリカ人にも、白人の悪行がバレるので、北海道や沖縄や九州や、朝鮮貿易を行っていた水戸藩などの、鎖国の弱かった地方へ、サツマイモ、ジャガイモとアイヌ人(旧土人)を、江戸時代に運び込みました。

 サツマイモやジャガイモやアイヌ顔の人種と同時に、二重瞼やアフリカ人血液型のB型も大量に運び込まれました。
 
 B型血液型は、奴隷貿易時代以前の古代ギリシャ時代からユーラシア太陸にいますので、全員がアフリカ奴隷ではありません。

アイヌ民族の混血前の人種が持つ、黒い瞳(Supper Black IRIS = It is not brown eyes) はアフリカ人奴隷であった、証拠でもあります。

黒い瞳(Supper Black IRIS = It is not brown eyes) は、ロシアのアイヌ顔名物でもあり朝鮮では白丁奴隷。
フィリピンやインドでも、大日本帝國が現地の奴隷を開放する以前まで、白人がアフリカから輸送してきた奴隷の血族は、アイヌ顔で黒い瞳(Supper Black IRIS = It is not brown eyes) です。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アイヌ人の黒い瞳は江戸時代のアフリカ人奴隷の動かぬ証拠 黒い瞳のいない縄文O型の血液型の多い人種/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる