黒い瞳のいない縄文O型の血液型の多い人種

アクセスカウンタ

zoom RSS マサイ族 と ねぶた祭り ♪ラッセーラ ♪ホップ ステップ ジャンボー

<<   作成日時 : 2013/09/16 23:20   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

マサイ族 と ねぶた祭り

・ トカプチ(十勝)  トカ・プーチ/Тока-пути(平坦で楽ちんな「道のり/旅路」)
http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/ainu-izika-garubohi/tokapuchi.html

・ ポロシリ岳 / По-Россили 岳
http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/ainu-izika-garubohi/porosiri.html

・ ♪ラッセーラ
http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/ainu-izika-garubohi/nebuta.html
マサイ族の女性たちも、青森の「ねぶた祭り」のように、飛び跳ねますし、青森の青系の人たちの多さのように背が高いですよ。

  
♪ホップ ステップ ジャンボー 
 
 片足でぴょんぴょん 飛び跳ねる「ねぶた」は、
 ロシアのアイヌであり、朝鮮ではトケビである、
 
 「ヤガーばあさん」ジャンプ? 独脚鬼ジャンプ?
 
ジャンボー とは、マサイ族の「こんにちは」です。





 
◆ 青鬼顔の多い鎖国「強」地方は、不思議と美人も多く、アイヌ顔(ロマ顔)が少ない。
http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/ainu_rosuke/yoroz_HTML/sakoku_Ohita.html
 
※ 黒人系のメラニンでも、ロシア人やオランダ人の背の高いほうが青いように、メンデルの法則で劣性遺伝なのかもしれませんが、別な僕の仮説では、マサイはケニアというフランスの植民地でして、そのマサイのような人喰い人種ではない肉を食わない「食糧を自給する人種のメラニンは進化している」ので、とてもデリケートで、ゴリラ顔と違いメラニンが劣性遺伝をするために、フランスやオランダや、フランスと昔から仲の良いロシアへ売られたマサイ系の奴隷は、肌の色が青森の青のように背が高く青く遺伝で変化をした。
 または、ブルンジのようにアフリカでマクンバの儀式のほか、アルビノを食べると白人と同じ妖力が体に宿ると信じてりる土人たちから、白人が保護をしたマサイのアルビノかもしれないが、数が少ない。
 しかし、アフリカ人の兄弟の多さでもわかるように繁殖力が旺盛なのでロシアで増えまくったか? 「試し腹」をされて青いマサイがロシアで増えた。
 さらに次の仮説は、人喰い人種は英国の植民地から運ばれたというもの。 これは、英国のケルトの解明にもなるし、函館にも英国の領事館があった。

 中国の人口爆発も沖縄の兄弟の多さやアイヌの兄弟の多さのように、アフリカであるから、B型でアフリカ人の黒い瞳がとても多いゴリラ顔が大繁殖をして、世界中でインドもそうであるがアラブも英国の植民地であった「東インド会社」な奴隷貿易で白丁をロシアで高級品を荷降ろしした後中古として朝鮮へ「試し腹」の豚鼻精子を仕込んでから売却したために、アイヌ人も朝鮮人もモスクワ民族と同じ豚鼻だらけである。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マサイ族 と ねぶた祭り ♪ラッセーラ ♪ホップ ステップ ジャンボー 黒い瞳のいない縄文O型の血液型の多い人種/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる